ドリルによる加工

成形でメヤニ防止ができる!モノづくりの現場で大活躍の離型剤!

大量のねじ

離型剤は、多くのモノづくりの現場では欠かせない物です。例えば金型などを使用するモノ作り現場では、いかに不良品を出さないかが重要なポイントです。不良品が多くなるかは、金型から製品を製造する際に、金型からスムーズに外せるかどうかで大きく左右します。金型には製品を成形する際にメヤニがつきやすくなります。メヤニとは製品には不要な部分で、メヤニがある事で、不良品になってしまいます。離型剤を塗布する事でメヤニを防ぐことができます。離型剤は金型から成形した製品をはがしやすくする役割が有ります。生産性が上がるほか、それに伴い、監視する人材配置を少なくすることが出来ます。離型剤には様々な種類が有ります。その中でもフッ素コーティングで離型しやすくするフッ素系の離型剤は、とても薄い皮膜で金型を覆い、より繊細な製品の成型に向いています。例えば車の部品のように繊細な成形にも使用されています。近年の車のライトはLEDが使用されることが多くなりよりシャープなデザインのライトが主流です。少しのメヤニでも製品が不良品になりやすい為、より薄く長持ちするフッ素系の離型剤は重宝されます。またフッ素系離型剤は引火性が無い為、法規制もなく安心して使用することが出来ます。