ドリルによる加工

ゴムやプラスチックの成形には離型剤でメヤニ防止しよう

金属部品

金型を使ってゴムやプラスチックの製品などの成形を行う際、直接原液を流し込むと、金型に付着し剥がれない状態となってしまいます。剥がれない状態となれば、上手く成形をすることができないだけなく、金型自体を傷めてしまう可能性があります。そんな状態を避けたい、スムーズに成形作業を行いたい、メヤニの発生を抑制したいという場合は、フッ素コーティング剤を離型剤として使うことが有効です。

原料を流し込む前に、金型に離型剤を塗布しておけば、ゴムやプラスチックの付着やメヤニの発生を防ぐことができます。そんな原料の付着やメヤニを防ぐ離型剤の中には、金型に塗布する形で使うものの他に、原料に混ぜて使うタイプもあります。

ただ、離型剤は万能のアイテムではありません。ゴムやプラスチックの成形を手軽にするためには有効なものですが、金型に付着した離型剤をそのままにしておくと金型に問題が発生してしまう可能性があります。そのため、成形をスムーズにするために離型剤を使う際には、定期的に洗浄を行っておくことが大切です。成型時には離型剤を活用し、成形作業が終われば定期的に洗浄を行うというプロセスを守れば、良い状態の金型を守り続けていくことができます。